街の修理ショップで修理するメリット・デメリット

直接iPhoneを持ち込めるので修理期間が短い

都市部へ行くとiPhoneの修理を請け負うショップが存在していることがあります。iPhoneが壊れてしまったとき、メーカーに修理を依頼するのではなく、こうした街に存在する店に依頼するメリット、そしてデメリットにはどのようなものがあるでしょうか。まずメリットとして挙げられるのは、直接、店に持ち込んで、修理が終わったときに取りにいけるということから、修理開けのiPhoneをすぐに使えるという点です。メーカーに修理を依頼する場合、基本的には郵送しなければなりませんし、購入した店に持ち込む場合でも結局はそこからメーカーに郵送されるので、その分、時間がかかることになります。したがって、すぐにでも使いたいという場合は街の修理ショップに持ち込んだ方がいいでしょう。午前中に持ち込んで午後に受け取れることもあります。

メーカー保証がなくなってしまう

では、街の修理ショップに持ち込んで直してもらう場合のデメリットはなんでしょうか。一番の問題が、裏蓋などを開けられた時点でメーカーによる保証が効かなくなってしまうという点です。基本的にiPhoneの蓋が開けられた場合、メーカーの人間が見ればわかってしまうのでごまかすことはできません。そのため、保証期間が残っている場合はできるだけメーカーに対して正規の修理依頼を行うようにしましょう。修理に使われるパーツが純正品ではないことが多いのもデメリットです。メーカー公認の修理店ではない場合、純正品のパーツを入手できないため、やむを得ず、非純正品を使うわけですが、やはり性能という点で完全に同じではありません。そのため、性能にこだわるのであればメーカー修理を選択した方がいいでしょう。

iphone修理を仙台でする場合、値段だけではなく修理までの時間、保証期間、口コミなどを参考にすると良いでしょう。仙台駅からのアクセスもポイントです。